躍動の15分!粉々になったお菓子はやっぱり美味しかった?!

��������

あなたはお菓子、食べますか?

私、お菓子大好き!^◇^)

今住む海外でも日本のお菓子は大人気で、日本からこちらへよく訪れていた頃は、いろいろなお菓子を買っておみやげにしていたものです。

今では多少高いですけどスーパーなどにいけば、沢山の日本のお菓子がおいてあります。

何か異様に大きな箱に入ってたり、こちら限定のものまであったりして、買わないまでも見てる分だけで楽しかったりするのがいいですね。

動画で発見の大きな団子

で、そんな中、友達が動画サイトで面白いものがあるよ!見よ見よ!と言ってきました。

なんだろう、と見てみれば、コアラのお菓子が大きな団子になっている。

なんじゃこれ?とうことで話を聞くと、コアラのお菓子の縦長の箱、ありますよね?

その箱を、まだ中身が入っている所で、上下にとにかく振りまくる!

どれほどかといえば、動画を見てみると30分ぐらい振ってました。

それだけ振ってると、箱は半分壊れたような感じにもなり、おぉ、これ大丈夫かぁ~、なんて見ながら思いますが、さてその後はどうなるか。

半分壊れた箱を開け、中に入っている袋を取り出すと、何やら小さくこじんまりしたものになってます。

そしてその袋を開けると!

なんと、黒っぽいチョコレート色の「大きな1つのボール」に大変身!

ボールの理由は?

あの1つぶ1つぶがカワユイコアラのお菓子たちが、こんなボールに変わっちゃうってどういうこと?

ご想像のように、上下に激しく振り続けることで、中でその1粒1粒がぶつかり合って、お互いにくだけていくんですね。

1粒1粒の外側はもともとクッキーみたいなものなので、激しく降っているうちに小さい破片になっていき、それが中に入っているチョコレートと混じり最後には、1つの大きなチョコレートボールになってしまう、ということです。

初めて見た時は、これは凄すぎる!やってみたい!と思ったものです。...というか、その友達とさっそくやってしまいました。

なんでもこれが流行ったのは随分前らしんですけど、当時はお店のこのお菓子、全部売り切れになるほど流行ったのだとか。

そうか、そうなんだ。でも私知らないし、一緒にやってみよう!ということでやりましたよ、二人で。

振りまくりの15分

タイマー置いて、一分交代で振りまくり!

これでもか、というぐらい振りつつ、1分交代っていってもこれが結構つかれるんですね。

1に振り、2に振り、3に振り!

振っていて気がついたのは、片手て激しく振るのは結構疲れる、バーテンがカクテルをシェイクするように両手を使って振ると、勢いはつくし、腕はそれほど疲れない、ということを発見。

もしあなたがチャレンジするなら、片手が疲れたら両手で是非振りまくってみてください。以外に、お!これ疲れないじゃん!ときっとなると思いますよ!

振る!振る!振る!

そして10分経過

といいつつ、10分が経過しました。

とにかく黙々と振りまくりの繰り返し。

動画では30分でしたけど、箱も少し壊れてたので、もういいんじゃね?などと中身を取り出し触ってみると...

ふむ、確かに中は結構粉々になっているみたい、でも触った感じボールにはなってないな...

よし、もう5分振ってみよう!ということで再び振りまくり開始!

振る!振る!振る!

振って振って振りまくる!

これでもか、というぐらい、壊れた外箱とともに振りまくり、さて、全15分経過です。

もう良いでしょう、ということで、恐る恐る中をあけてみると...

恐る恐る見たものは...

大きなひとかたまりのボールを期待してましたが、そこに見たものは....

まだボールになってない、単に砕け散ったコアラのお菓子たち1粒1粒の成れの果てが姿を現したのでした。

ぐぐぐぐぅ

結構、というかかなり頑張ったと思いましたが、こんな結果になるとは...

面倒がらずに、あと10分ぐらい振ってみればよかった。でももう袋開けちゃったし、もうだめだよね。。。

友達と目を見合わせ、今回はこれで終了!と相成りました。

その後はどうしたかって?

勿論スプーンを使って全て食べました。

食べ物で遊んでいるようで少し罪悪感が伴う今回の実験、あまりおすすめできません、やっといてなんですけど。

食べ物は大切に!というお話しでした。

��������