あちこち刺されて結構大変!タイでは虫刺されにはご用心

��������

南の国はおおらかだ!というのとはちょっと意味が違いますが、私の今住んでいる国はタイ。それも都会のバンコクです。

そりゃ日本に比べればあちこち凸凹してたり、欲しいものを手に入れるのに時間がかかったり、洪水やら停電やらが起きたりと、何かと不便さみたいなものはありますが、そこはもう慣れました(笑)

多少の不便さは馴れの問題ですが、日常生活で気になる不便さ、というか困ったことの1つが蚊。

私はどうも刺されまくり

日本は蚊といえば夏から秋にかけてがシーズンで、去年は確か蚊にまつわる病気が結構世間を賑わせてましたが(なんていう病気でしたっけ?デング熱?日比谷公園だかどこかが発生源とかいって物凄いニュースになってましたけど)、こちらは一年を通して暑く、蚊も一年を通して活躍してます。

現地の人はそうでもなさそうですが、私などはどうも蚊にさされやすいタイプなのか、もうあちこち刺されまくり。

虫よけスプレーかけるんですけどね

一応外に長く居る時は虫よけ、というか蚊よけのスプレーを腕や足にかけてガードするんですが、気が付くと、肘(ひじ)や膝(ひざ)の内側、くるぶし辺りやかかと周りなど、少し隠れた箇所をバシバシ刺されてたりするんですね。

おかしいなぁ、しっかりスプレーを掛けたつもりなのに。

蚊に刺された後も赤い点になって数日残るんですけど、肘の内側などを見ると、赤い点々として残った蚊にさされた後がダダダダっと残ってる。

くるぶし周りも、結構残ってたりして、見ると可哀想な私、うぅぅ、となってしまうんですね(笑)

他の人達も同じなのかしら

私がそうやってすぐ蚊さされるから、現地の人達もそうだろう、と思っていたら、これがどうやら違うらしい。

同じように外でおしゃべりしてても、直ぐ刺されるのは決まって私。他の人達は特になんともなさそうです。

全然刺されないのか、というとそうでもなく、刺される頻度や刺された時のかゆみに対する反応がちがうような気がしてます。

男性の方々にはちょっとびっくり

特に不思議なのが、男性の場合、上半身に何も着ないでうろうろしている場合もあったりしまするんですね。

いやいや、いくら暑いと言っても外でそんな格好してるとさすがに蚊にさされるでしょ、なんて思いつつ、ある時思い切って聞いてみました。

そうすると、いや?そうでもないけど、なんてシラッとした答えが返ってくるじゃぁありませんか。

考えればそうれはそうで、もし一杯蚊にさされるようなら、さすがにそんな格好でうろうろしたりはしませんよね?(笑)

アフリカで生きる

そういえば、アフリカの人たちだったかの話を今思い出しました。

想像すればおわかりですが、彼ら彼女らはいつも肌を出した格好してますよね?それでも勿論暑い国で蚊も沢山います。

そんな彼ら彼女らは蚊にさされないのか?大丈夫?と思いますが、これが大丈夫なそうな。

蚊には刺されるけど、どうも痒みなどはなく普通らしい。つまり共存共栄している!ていうことなんですね。

それはそうか。蚊が沢山いる環境で、あの格好で年中過ごすためには、体がいちいち反応していたら暮らしていけないですよね?

進化の過程でそうなっているのか、はたまたそこにいる蚊の種類によって痒みが感じない体になっているのかは分かりませんが、私も痒みがなければ別にどうってことないのに...と思いつつ、今日も元気に過ごします(笑)

なんで蚊っているんだろう?

次回はその謎に迫ります!(なんちって)

��������

シェアする