カメラが壊れた!タイでは修理するのも一苦労。さて結末は?

��������

私の趣味の1つがカメラということもあって、...ということもないですが、よく一緒に遊んでいる姪が泣きそうになりながらやって来ました。

私のカメラ、壊れたみたい...

え?

有名ドコロのカメラが...

そのカメラは私が日本で買ったカメラで、いや、こちらでも売ってますが、自分撮りができることを大きな売り、特徴としている世界的有名な日本メーカーのコンパクトカメラ。

自分撮りってセルフィーと言うようですが、高校生の姪にとっては、自分撮りして友達と写真をシェアするのが生活の一部となっていて、それができなくなったら一大事。

泣きそうな姪に事情を聞くと、どうも単に充電ができなくなった、ということらしい。

充電できない!

見てみると、カメラは動作してるんですね。電源はon/off できて、写真も撮れる。ただ、充電ケーブルをカメラにつなげても、充電ランプ(赤)がどうもつかない。壊れた!ということで、私の所に助けを求めにやってきた、というわけです。

充電ケーブルはUSBタイプのもので、カメラは動作しているので、このケーブルが怪しいのでは?ということから、私が持っているUSBケーブルでパソコンと繋いで充電できるかなぁ?とためしてみると、やっぱり充電ランプ(赤)が付かない。

あー、これ、実は充電は完了していて、フル充電されているから単に充電ランプが付かないのでは?と言っても、それは違うらしい。

撮影した写真をカメラで数枚再生して見ると、赤色の電池マークがすぐ付くんですね。つまりバッテリーはもうすぐなくなるっていう状態。

カメラショップへゴー!

そうか、ということは、カメラ本体の充電機能が壊れたか、それともバッテリーが壊れたかのどちらか。

よし、カメラショップに行ってみよう!ということで、早速行きましたよ、街中のデパートへ。

試したかったのは、パッテリーをひとまず代えて充電できるかどうか(充電ランプが付くかどうか)お店で見てみたかった。

バッテリーを交換して充電ランプが付けば、バッテリーに問題あるっていうことですよね?それならその場でバッテリーを買えば良い。

でもバッテリーを交換しても充電ランプが付かなければ、カメラ本体に問題ある、ということで、これは修理に出さないといけないことになる。

バッテリーはどこかな?

さて、カメラ屋さんは...
と探して大きなお店に入ると....

バッテリーはありませんでした。(ガーン)

なんだよとー思いつつ、家電製品を扱っている大きな所に行けばあるよ、ということで、そちらにいっていみると...

バッテリーは置いてありましたが、このカメラ用のバッテリーがない!

なんだよー、と思いつつ、メーカーの専門店がどこかにあるはず、とデパートの中をあっちへうろうろ、こっちへうろうろ。

結局そのメーカーの専門店って時計ぐらいしかなかったんじゃない?という結論に達して、探すのはあきらめました。

ネットならもしかしたら...

電池1つでこんなにも苦労するんだ。...やっぱり日本製品は国内で使うに限るのか、ということはおいといて、ネットなら直ぐ見つかるでしょ!ということで家に帰ってからネットで検索。

でも...これが...ないんですね。

そもそもそのメーカーの製品って取り扱いが少ないのかしら。そんなこともないと思うんですけど。

お!タイの有名なネットショップならある!
でもこれ、どこから送られてくるんでしょう?大丈夫かな...

で更に更に探しに探して見つかりました!
まがいものです(笑)

純正品ではなくて代用品がみつかり、とりあえずそれで試しに使ってみよう!ということで早速注文。

さてさて、これで無事充電が機能してくれれば暫くこれでしのげます。

今後日本へ変えるのは12月か年明けなので、その時にバッテリーを買えば、全てが丸く収まる...のかな?

バッテリーだけの問題であれば

バッテリーだけの問題であって欲しい、と切に願う今日このごろ。

ちなみに、私も今まで5台や6台は、コンパクトデジタルカメラ使ってきています。

カメラ専門メーカーのものが多かったような気がしますが、バッテリー周りが壊れたのって今回はじめて。

かつて一度だけ、どれか忘れたけど液晶が急に見えなくなった?か何かで修理に出したことがありますが、修理に出した記憶は、その1回だけのような...

��������