タイ語で「はじめまして」を言ってみよう!旅行が何倍も楽しくなる魔法の言葉

��������

海外旅行などで最も基本的で必要になること、っていったら何を思い浮かべますか?

いろいろあると思いますが、その1つでとても重要になるのがその国の言葉ですね。私の住むタイでは勿論タイ語です。

ツアーなどでガイドさんがいる旅行ではいらないと思いますが、ガイドがいなければ基本は自分でなんとかしないとホテルにも泊まれませんし、お腹が空いても食べることも出来ません。

ツアーでも、現地の人との簡単な交流ができれば、それはきっと一生の思い出になるでしょう。

ということから、今回は旅行でも何でも誰かと合う時に必ず言う「はじめまして」を見てみましょう。

タイ語ではじめまして

タイ語の本などで見てみると「はじめまして」は、以下のようになります。

  • インディー ティダーイ ルーチャック
  • ยินดีที่ได้รู้จัก

タイ語には日本語と同じように女性が使う言い回し、男性が使う言い回しが合って、その代表が文の最後につけるもの。

  • 男性では、クラップ
  • 女性では、カー

日本語でも最後に「~です」とつけますが、それですね。

ということから、上に出てきた「はじめまして」は、

  • 男性:インディー ティダーイ ルーチャック クラップ
  • 女性:インディー ティダーイ ルーチャック カー

となります。

でもね、この言葉、タイ語の本とかでは必ず紹介されますし、こちらのタイ語学校でも最初に習ったんですが、実は私はタイの日常の中で今まで一度も聞いたことがありません。

いや、これ本当です。(笑)

でね、こないだふと疑問に思ってタイの人にも聞いてみました。インディーティダーイルーチャック、って使ったことがある?って。

その人は、うーんと右上に視線を向けてしばらく考えた後、

「いやー、ないなー」

って、おいおい、みたいな感じです。

2人にきいただけなので(人数すくなくてすみません)、本当に本当かは少しわからないところもありますのでご注意を。

多分ですが、かなりかしこまった場面などで使われるんだろう、と勝手に思ってます。^-^)

じゃぁ、他に何を使えばいいの?となれば、こんにちは、を意味する

  • サワディー
  • สวัสดี

です。

簡単でしょう?サワディー。
タイに興味がある人なら、一度はどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

勿論男性では丁寧に最後に男性なら「クラップ」、女性なら「カー」を付けて、

  • 男性:サワディー クラップ
  • 女性:サワディー カー

となるんですね。

多分タイでどなたかに合うと、インディーティダーイ...ではなく、こちらの「サワディー」で必ず挨拶が来ます。

そこですかさず「サワディークラップ!」「サワディーカー」といえると、タイの方もいつもにも増して素敵な笑顔をお返ししてくれます。

知らない国に行って、こんにちは、を現地の人と交わすことができること、同じ国同士では当たり前の言葉ですが、旅行で挨拶がかわせると、何か心の会話ができたようで、それだけで幸せになってしまいますね!

今日はこれを覚えましょう。

はじめましては「サワディー」でOK!

��������

シェアする